スキリージ®
使用される患者さんへ
スクロールで右に進む
雲イメージ
雲イメージ

関節症性乾癬とは

関節症性乾癬は、乾癬の皮膚症状に関節の痛みや腫れを伴うタイプの乾癬です。手足の指先の関節や足裏、かかとの腱のあたりに痛みや腫れ、首や背中にこわばり感などがみられますが、医師に説明されるまで乾癬と同じ理由で起きている病気とは思わなかったという方がほとんどです。しかし、この場合も体の免疫が過剰に働くことが原因で、炎症による症状が皮膚と関節の両方に出ている状態だといえます。

皮膚の症状

乾癬の皮膚症状がある

皮膚が紅く盛り上がり、ぽろぽろと剥がれ落ちる鱗屑を伴います。

乾癬 皮膚の症状イメージ

背中や首の痛みやこわばり

背中や首に痛みやこわばりがある 休息したり睡眠をとった後に症状が悪化する 動いている方がラクになる

肩こりイメージ

脊椎の関節に炎症が起こっている状態です。軟骨や骨が傷つくと、背骨の強直(こわばり)につながるおそれがあるため、早期に治療することが大切です。

手足の指の関節の痛みや腫れ

指先の関節に痛みや腫れがある 指がこわばったり、動かしにくい

手のイメージ

指の関節に炎症がおこっている状態です。軟骨や骨が傷つくと、指の変形につながるため、早期に治療することが大切です。

爪の変化

爪の表面が厚くなり、点々とした凹凸がある

爪のイメージ

手足の指の関節の痛みや腫れ

アキレス腱に痛みがある 足裏(足底筋膜)に痛みや腫れがある

足首、かかとのイメージ

靭帯や腱が骨に接しているところ(付着部)や、腱鞘(腱を包んでいる鞘のようなもの)に炎症がおこっている状態です。

手足の指の腫れ

指がソーセージのように腫れている

足の指イメージ

その他

眼の炎症 消化器症状 メタボリックシンドローム

気になる症状があれば、担当医にご相談ください

関節症性乾癬の原因

遺伝的な体質とストレス、感染症などの要因が複雑にかかわりあっておきると考えられています。免疫作用として外敵から体を守ってくれるはずのサイトカインという物質が過剰に働くことで、リンパ球が炎症を引き起こすさまざまな物質を生み出し、皮膚や関節で乾癬症状があらわれることがわかっています。

関節症性乾癬の原因 外的要因(感染症・飲酒・喫煙・薬剤・季節的な要因(冬季)・皮膚への刺激・精神的ストレス・生活環境など) 内的要因(肥満・糖尿病・脂質異常症・肝臓病・遺伝的要因など) 免疫の異常 皮膚症状 QOLの低下 関節症性乾癬の原因 外的要因(感染症・飲酒・喫煙・薬剤・季節的な要因(冬季)・皮膚への刺激・精神的ストレス・生活環境など) 内的要因(肥満・糖尿病・脂質異常症・肝臓病・遺伝的要因など) 免疫の異常 皮膚症状 QOLの低下

関節症性乾癬の診断と評価について

確定診断はこれまでの病歴や家族歴、皮膚症状や関節症状、画像検査(X線、エコー、MRI)、血液検査などにより、総合的に診断します。
特に関節症性乾癬では、血液検査などによって病気の状態(疾患活動性と呼びます)を測ってもらうことが治療方針を決めていく上でとても重要です。

病歴 家族歴 皮膚症状 関節症状 疾患活動性 総合的に判断 病歴 家族歴 皮膚症状 関節症状 疾患活動性 総合的に判断

関節症性乾癬の治療について

関節症性乾癬の治療では重症度に応じた薬物治療を行います。

重症度 薬物治療 剤形
軽症 非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)

炎症を抑えることで、関節の痛みを和らげるお薬です。

飲み薬イメージ
飲み薬
中等症以上 免疫抑制薬

免疫の異常を抑えて関節の痛みや腫れを改善するお薬です。

飲み薬イメージ
飲み薬
生物学的製剤
注射薬イメージ
注射薬

(参考)軽症の第一選択:NSAID、中等症以上:免疫抑制薬、生物学的製剤を考慮
European League Against Rheumatism(EULAR)
Group for Research and Assessment of Psoriasis and Psoriatic Arthritis(GRAPPA)
https://academic.oup.com/rheumatology/article/56/8/1251/2888514

生物学的製剤について

バイオテクノロジーによって作られた比較的新しい医薬品です。化学的に合成されたものではなく、もともと生物が作りだしているタンパク質を応用して作られています。スキリージ®は、乾癬に深くかかわり中心的な役割を果たしているIL-23というサイトカインの働きを抑えることで、乾癬の症状を改善するように開発されました。

抗TNFα抗体薬 IL-23阻害薬 IL-17A阻害薬 IL-12/23阻害薬 炎症系サイトカイン(TNFα IL-23 IL-17A IL-12など) 抗TNFα抗体薬 IL-23阻害薬 IL-17A阻害薬 IL-12/23阻害薬 炎症系サイトカイン(TNFα IL-23 IL-17A IL-12など)

TNFαやIL-17A、IL-12、IL-23は炎症を引きおこすサイトカインの一種です。

毎日の生活のなかで気をつけてほしいこと

関節症性乾癬の症状を悪化させないためには、適切な治療だけではなく普段から症状の悪化の原因をできるだけ避け、健康的な生活習慣を心がけることが大切です。

皮膚の管理

毎日お風呂に入り皮膚を清潔に保ちましょう。ただしゴシゴシ洗ったり熱い湯ぶねにつかるなど、皮膚に過度の刺激を与えることは避けましょう。
体を強くしめつけるような、皮膚を刺激しやすい服は避けましょう。

入浴イメージ

ストレス発散

ストレスをできるだけためこまないように自分なりのストレス発散法をみつけ、リラックスできる時間をつくりましょう。睡眠不足や疲労の蓄積も大敵です。

バランスのとれた食事

脂っこいものや糖質の摂りすぎに注意し、栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。

食事イメージ

感染症対策

かぜなどの感染症にかからないように、日頃からうがいと手洗いを心がけ、体調管理に気をつけましょう。

関節への負担の軽減

関節などに痛みや腫れがある場合や、疲れを感じる場合は、無理をせず、身体を休めましょう。

紙飛行機イメージ
紙飛行機イメージ
紙飛行機イメージ
風船イメージ
風船イメージ
風船イメージ
地面イメージ
春の雲イメージ
春の雲イメージ
桜の木イメージ
桜の花びらイメージ
桜の花びらイメージ
桜の花びらイメージ
桜の花びらイメージ
桜の花びらイメージ
夏の雲イメージ
夏の木イメージ
葉っぱイメージ
葉っぱイメージ
たんぽぽの綿毛イメージ
秋の雲イメージ
秋の雲イメージ
秋の雲イメージ
秋の木イメージ
紅葉イメージ
紅葉イメージ
紅葉イメージ
とんぼイメージ
とんぼイメージ
とんぼイメージ
冬の雲イメージ
冬の雲イメージ
飛行船イメージ
冬の木イメージ