スキリージ®
使用される患者さんへ
スクロールで右に進む
雲イメージ
雲イメージ

乾癬とは

乾癬とは、慢性的に炎症が起こる皮膚の病気です。特徴的な症状には、皮膚が炎症を起こして赤くなる紅斑、皮膚が盛り上がる浸潤、その表面が白くなる鱗屑、それがフケのように剥がれ落ちる落屑があり、関節が痛くなったり腫れたりする場合もあります。また、爪に症状が出ることもあります。免疫が過剰に働くことが原因であるとされており、IL-23(インターロイキン-23)という物質が深く関係していると考えられています。

主な乾癬の種類

1. 尋常性乾癬

尋常性とは「普通の」、「よくある」という意味で、乾癬全体の約90%を占めています。紅斑、鱗屑などが多くみられ、患者さんの約半数にかゆみがあらわれます。

乾癬イメージ

2. 関節症性乾癬

皮膚症状に加え、関節の腫れ・痛みがあります。爪が変形することもあります。進行し関節が変形すると日常生活に支障があらわれるので、その前に適切な治療を受けることが重要です。

3. 膿疱性乾癬

膿疱とは、膿をもった小さなブツブツがあらわれることです。全身に膿疱が発生し、急激な発熱や倦怠感を伴う場合は入院治療が必要で、国の難病対策として「指定難病」に挙げられています。

4. 乾癬性紅皮症

紅斑が全身に広がって、鱗屑が多くみられます。発熱を伴うことが多く、入院治療が望ましい、重症の状態です。

※2015年1月1日施行(2019年3月現在)

乾癬の原因

乾癬は、免疫作用として外敵から体を守ってくれるはずのサイトカインという物質が過剰に働くことで起こります。サイトカインにより、リンパ球が炎症を引き起こすさまざまな物質を生み出し、皮膚や関節で乾癬症状があらわれます。

乾癬の原因 外的要因(感染症・飲酒・喫煙・薬剤・季節的な要因(冬季)・皮膚への刺激・精神的ストレス・生活環境など) 内的要因(肥満・糖尿病・脂質異常症・肝臓病・遺伝的要因など) 免疫の異常 皮膚症状 QOLの低下 乾癬の原因 外的要因(感染症・飲酒・喫煙・薬剤・季節的な要因(冬季)・皮膚への刺激・精神的ストレス・生活環境など) 内的要因(肥満・糖尿病・脂質異常症・肝臓病・遺伝的要因など) 免疫の異常 皮膚症状 QOLの低下

乾癬の診断と評価について

診断

乾癬は特徴的な症状とその分布をみることで、比較的容易に診断できます。しかし、乾癬以外の病気で疑いがある場合は、皮膚の組織を採取し(皮膚生検)、顕微鏡を使った病理診断をします。

医師との診断イメージ

QOLのアンケート

QOLに関するアンケートは、乾癬による皮膚症状が患者さんの生活にどれほどの影響を与えているかを調べるためのものです。具体的には、
●人付き合いや自由時間の過ごし方に影響がありましたか
●仕事や勉強の効率が落ちるようなことがありましたか
といった質問内容について回答してもらいます。皮膚の症状が軽度であっても、患者さんの生活へ大きな影響を与えている場合もあります。詳しくは担当医にご相談ください。

評価

皮膚症状の指標

乾癬の症状評価は、皮膚症状においては「体表に占める乾癬の面積の割合(BSA※1)」や「乾癬の面積と重症度の指数(PASI※2スコア)」で評価します。BSAでは、一般的に手のひら一面を体表面積の1%として計算する方法が行われています。つまり、体に手のひら10面分の乾癬がある場合は、BSAは10%となります。PASIスコアについては担当医が症状の程度[紅斑、肥厚、鱗屑、乾癬の範囲]を体の部位別に担当医が評価して計算します。一般にBSAは10%以上、PASIスコアは10以上が重症と考えられています。
※1: BSA (Body Surface Area)、※2: PASI (Psoriasis Area and Severity Index)

QOL(生活の質)の指標

乾癬はその症状の特性により、人間関係など精神的な 面によりQOL(生活の質)が障害されることも少なくありません。現在の状況をより正確に知るためには、QOLについても評価する必要があります。QOLの代表的な指標として「乾癬特異的QOL評価指標(PDI※3)」と「皮膚疾患関連QOL尺度(DLQI※4)」があります。
※3: PDI (Psoriasis Disability Index)、※4: DLQI (Dermatology Life Quality Index)

動画を見る

乾癬の治療について

患者さんによって症状や経過はさまざまです。乾癬の治療は長期にわたることがありますから、根気よく治療を続けることが大切です。また、乾癬を完治させることは難しいと考えられていますが、ご自身に合った治療法により、症状をコントロールしていくことで、QOL(生活の質)を高めることができます。

乾癬の治療法

乾癬の治療法には外用療法、光線療法、内服療法、生物学的製剤による治療などがあります。治療法の特性と患者さんの症状や体質、患者さんご自身のご意向を考慮して、治療法を設定します。

外用療法(塗り薬)

外用薬には、主にビタミンD3とステロイド外用薬があります。ビタミンD3外用薬は表皮細胞の活発な増殖を抑えます。ステロイド外用薬は炎症を抑える塗り薬です。最近では、両薬のメリットを生かした併用療法も行われています。

塗り薬イメージ

内服療法(飲み薬)

内服薬には主にビタミンA酸誘導体、免疫抑制薬、PDE4阻害薬などがあります。ビタミンA酸誘導体は皮膚の新陳代謝を抑制する薬です。免疫抑制薬とPDE4阻害薬は皮膚の炎症を抑える薬です。その他、かゆみが強い症状の場合は、抗ヒスタミン薬を服用します。

飲み薬イメージ

光線療法

光線療法イメージ

症状を改善する働きがある紫外線を、人工的に患部へ照射する治療法です。この治療法には、皮膚の真皮まで届く長波長(UVA)を利用したPUVA療法、中波長(UVB)のうち効果のある波長を皮膚の表皮部にとどめて照射する、ナローバンドUVB療法などがあります。よく使われている治療法ですが、一般に頻回の通院が必要になります。

生物学的製剤による治療(注射薬)

生物学的製剤を注射する治療法です。
生物学的製剤は化学的に合成されたものではなく、タンパク質などの生体由来成分やその機能を利用する、比較的新しいタイプの医薬品です。炎症を引き起こすサイトカインに結合し、皮膚や関節の症状を改善します。生物学的製剤には、皮下注射タイプと点滴静注タイプがあります。

生物学的製剤による治療(注射薬)イメージ

生物学的製剤について

バイオテクノロジーによって作られた比較的新しい医薬品です。化学的に合成されたものではなく、もともと生物が作りだしているタンパク質を応用して作られています。スキリージ®は、乾癬に深くかかわり中心的な役割を果たしているIL-23というサイトカインの働きを抑えることで、乾癬の症状を改善するように開発されました。

抗TNFα抗体薬 IL-23阻害薬 IL-17A阻害薬 IL-12/23阻害薬 炎症系サイトカイン(TNFα IL-23 IL-17A IL-12など) 抗TNFα抗体薬 IL-23阻害薬 IL-17A阻害薬 IL-12/23阻害薬 炎症系サイトカイン(TNFα IL-23 IL-17A IL-12など)

TNFαやIL-17A、IL-12、IL-23は炎症を引きおこすサイトカインの一種です。

毎日の生活のなかで気をつけてほしいこと

乾癬の症状を悪化させないためには、適切な治療だけではなく普段から症状の悪化の原因をできるだけ避け、健康的な生活習慣を心がけることが大切です。

皮膚の管理

毎日お風呂に入り皮膚を清潔に保ちましょう。ただしゴシゴシ洗ったり熱い湯ぶねにつかるなど、皮膚に過度の刺激を与えることは避けましょう。
体を強くしめつけるような、皮膚を刺激しやすい服は避けましょう。

入浴イメージ

ストレス発散

ストレスをできるだけためこまないように自分なりのストレス発散法をみつけ、リラックスできる時間をつくりましょう。睡眠不足や疲労の蓄積も大敵です。

バランスのとれた食事

脂っこいものや糖質の摂りすぎに注意し、栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。

食事イメージ

感染症対策

かぜなどの感染症にかからないように、日頃からうがいと手洗いを心がけ、体調管理に気をつけましょう。

紙飛行機イメージ
紙飛行機イメージ
紙飛行機イメージ
風船イメージ
風船イメージ
風船イメージ
地面イメージ
春の雲イメージ
春の雲イメージ
桜の木イメージ
桜の花びらイメージ
桜の花びらイメージ
桜の花びらイメージ
桜の花びらイメージ
桜の花びらイメージ
夏の雲イメージ
夏の木イメージ
葉っぱイメージ
葉っぱイメージ
たんぽぽの綿毛イメージ
秋の雲イメージ
秋の雲イメージ
秋の雲イメージ
秋の木イメージ
紅葉イメージ
紅葉イメージ
紅葉イメージ
とんぼイメージ
とんぼイメージ
とんぼイメージ
冬の雲イメージ
冬の雲イメージ
飛行船イメージ
冬の木イメージ